本文へスキップ
 地元山梨の美味しい食べ物、素敵な特産品を店長@梅が発掘!山梨セレクトショップ
 山の廻船問屋 本店 -Yamano Kaisen Donya-
 商品一覧山梨産フルーツと野菜> 野菜> やはたいも

やはたいも


写真左の白箱にてお届けいたします。
2kgの内容量は写真右が目安となります。
※現在平箱は扱っておりません

やはたいも

テレビ放映で一躍「山梨の特産品」として注目をあびた
高級さといも【やはたいも】

八幡芋
山梨県甲斐市竜王の八幡(やはた)地区で、
200年ほど昔から栽培され、
品質改良された、里芋のブランド名です。

普通の里芋と比べると粘りが強いのでおいしいと
山梨県民ならだれもがご存じの<高級里いも>ですが、
一般流通は少なく山梨県内が大半。
他は京都などの高級料亭へおさめられているのです。


通常の里いもに比べて、
色が白くきめ細かい。
粘り気が強く、ほくほく感があります(^^)
主成分はでんぷんですが、ビタミンB1、B2と食物繊維を多く含んでいますので
美容や健康など カラダ思いたっぷりの野菜です。
■やはたいも■ 甲斐市特産のブランド里芋


やはたいもサイズ参考
※サイズは重さにより決定します(JA規格)重さは出荷時計測(保管状態の水分保有量によりグラムは変動します)

yahataimo-2kg-l
やはたいも 2kg箱(Lサイズ)2,160円(税込)
(Aランク・Lサイズ合計2kg箱)おおよそ45個前後が目安
 芋1個あたり 40-59g(目安:長さ5-6cm 横幅4-5cm程度)■
購入数:  
2017年産は販売を終了いたしました
■生産者:山梨県甲斐市 斎藤さん 
※重さや大きさは、保管状態により水分保有量等で変動します
■配送:常温
農家より都度納品のため【日にち指定は承れません】余裕をもって日にちご希望を頂くか、ご不在日や、ご希望の曜日等をお知らせ頂ければ考慮します 
yahataimo-2kg-2l
やはたいも 2kg箱(2Lサイズ)2,700円(税込)
(Aランク・3Lサイズ合計2kg箱)おおよそ30個前後が目安
 芋1個あたり 60-89g(目安:長さ6cm 横幅5cm程度)
購入数:  
2017年産は販売を終了いたしました
■生産者:山梨県甲斐市 斎藤さん 
※重さや大きさは、保管状態により水分保有量等で変動します
■配送:常温
農家より都度納品のため【日にち指定は承れません】余裕をもって日にちご希望を頂くか、ご不在日や、ご希望の曜日等をお知らせ頂ければ考慮します
yahataimo-2kg-3l
やはたいも 2kg箱(3Lサイズ)2,916円(税込)
(Aランク・3Lサイズ合計2kg箱)おおよそ20個前後が目安
 芋1個あたり90-150g(目安:長さ7-8cm 横幅6-7cm程度)
購入数:  
2017年産は販売を終了いたしました
■生産者:山梨県甲斐市 斎藤さん 
※重さや大きさは、保管状態により水分保有量等で変動します
■配送:常温
農家より都度納品のため【日にち指定は承れません】余裕をもって日にちご希望を頂くか、ご不在日や、ご希望の曜日等をお知らせ頂ければ考慮します
yahataimo-2kg-4l
やはたいも 2kg箱(4Lサイズ)3,240円(税込)
(Aランク・4Lサイズ合計2kg箱)おおよそ10個前後が目安
 芋1個あたり 150g以上(目安:長さ9cm 横幅7cm程度)
現在お取り扱いしておりません
■生産者:山梨県甲斐市 斎藤さん 
※重さや大きさは、保管状態により水分保有量等で変動します
■配送:常温
農家より都度納品のため【日にち指定は承れません】余裕をもって日にちご希望を頂くか、ご不在日や、ご希望の曜日等をお知らせ頂ければ考慮します


店長@梅より(^−^)

念願の【生産者の判る】やはたいも販売!!
2011年のTV放映後「やはたいも」の人気沸騰で、
生産者数が増えたにもかかわらず、生産量は需要に追い付かず価格高騰しておりました。

以前生産者より直接仕入れたいと強く願っておりましたが、
「やはたいも」の人気は高く 地元JAの影響も強く、なかなか生産者直売が難しい状況でしたが、

今年2015年 縁あって
農家:斎藤さんのやはたいもの販売が実現しました(^^)v


やはたいも、高級里いもと呼ばれる通り
お味が全然違います!
なめらかなツルっとした粘りと、煮物などにしたときのお味の良さ♪


山梨でも収穫時期頃には店頭に少し流通するため
お値段が高くても、その品質からつい私@梅も買ってしまいます(*^_^*)


やはたいも畑
山梨が誇る秋の味覚
【やはたいも】をご堪能ください




----------------------■やはたいもの生い立ち■----------------------


武田信玄の時代に 釜無川の氾濫でたびたび苦しんできた甲府盆地。
【やはたいも】の生産地である旧竜王八幡地区は、釜無川に程近く
氾濫のたびに洪水となっていた地域です。

しかし長年の洪水によって、肥沃な砂地土壌が堆積し続け
「信玄堤」と呼ばれる一大治水工事が完成したのちは、
とても良い土壌の畑地帯へと生まれ変わりました。

里いもは、その育つ土壌によって味が全く違います。

この肥沃な八幡地区の土壌で育った里いもは、
あまりにも美味であったため
登録商標「やはたいも」として、その価値が認められているのです。